« るのがおすすめです パラノイアではなく、すべては教訓のため | トップページ | 霊芝は良い食品だが、こういう人は食べないと益々害になる »

2023年2月16日 (木)

銀行への融資にはどのような準備が必要ですか。

需要贷款

ローンを組む前に、この準備をしておきましょう。

ステップ1:信用状募集報告書を作成する

最初に身分証明書を持って、人民銀行や信用できる銀行に行って、まず個人信用状を印刷します。

ステップ2:自分の収入状況を整理する

家に帰ってから、自分の仕事の状況を整理して、まず次のいくつかの方面から:社会保障口座とパスワード、積立金口座とパスワード、銀行の給料の代行記録

ステップ3:銀行を探す

できるだけ近くの銀行を選んで、3-5軒を選ぶことができて、銀行業は主に、ルートを手配した後、自分の信用報告書を持って、直接早めに選んだ銀行に行って相談して、自分がローンを借りると言って、貴行の信用製品を知りたいと思っています。

道が合理的であれば、基本的に1日に3 ~ 5軒の銀行を走ることができます。

各銀行の融資製品と要求を把握した後、家に帰って、自分の条件と比べて、どの家がもっと合っているか見てみましょう。

ステップ4:実際のコミュニケーション

一度把握して、銀行を確認したら、すぐに再び銀行に行って、ローンを取るとはっ稅務貸款て、その時普通はローンマネージャーがあなたを招待して、その時銀行マネージャーはあなたの状況によって処理するかどうかを考えます。

どのくらいのお金を借りることができて、利息はいくらで、彼らの経験に基づいて大まかな判断を与えることができます。

もちろん、この4つのステップはできるだけ7日前に完了しなければならない。信用募集報告書の有効期限が印刷されてから7日になるため、期限が切れた一部の銀行は最新の印刷を要求するだろう。

以上の4つのステップは主に仕事が安定している人を対象としており、少なくとも現在の職場では5つの危険があり、1年以上働いているが、同時に信用を得るのも悪くない。

« るのがおすすめです パラノイアではなく、すべては教訓のため | トップページ | 霊芝は良い食品だが、こういう人は食べないと益々害になる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« るのがおすすめです パラノイアではなく、すべては教訓のため | トップページ | 霊芝は良い食品だが、こういう人は食べないと益々害になる »